調和への感性

緊急事態宣言が続く大阪府ですが、もはやそれがごく普通に感じられるほどに生活は淡々と過ぎて行く。 どのような状況の下でも、そこにフィットしていけるものなのかも知れません。 東京では若年層に対するワクチン接種の機会を求めて長蛇の列ができるなど大…

四季を忘れないために

お盆休みの時期はまだまだ夏の盛りで熱中症に気を付けて、出来るだけ涼を取ってと考えるのが普通のことだと思うのですが。 秋雨前線が停滞して線状降水帯が発達して凄まじい豪雨がやってくるとか、どこまで今年の日本は大変なのでしょう。 日本人は我慢強い…

サバイバル in JAPAN

最近は落下防止の扉があるホームも多いので、幅が狭く落下防止の装置がない駅では何となく緊張します。 凄まじい猛暑だと何となくフラフラする感じもしてより一層気になります。 しかもコロナ禍でマスクを着けることがマナーとして要請されているので、汗が…

夏空を閉じ込めろ

今年は関西では梅雨が長かったことと関係があるのかどうかカラッと晴れた空を見ると気持ちが上がる。そして、自分がポジフィルム好きなことを思い出した。気分は夏空をフィルムの中に閉じ込めろ、そんな感じです。 冷凍庫でお休みしているEBXにお目覚め頂い…

夏が来た

なにわともあれ梅雨が明けた近畿地方。 夏空が気持ちいいですね。 夏の日差しを避ける日傘の季節ですが、今ではコロナ対策のマスクも加わりなかなか大変ですね。 何年が経って、傘型ドローンが普及したりなんかしてハンズフリーになったりしたら、快適になり…

愉しい夏はまだか?

ようやく宣言期間満了だと思っていたのに、蔓延防止措置は継続となってしまった大阪府。 東京都のように緊急事態宣言が出されなかっただけ良しと考えるべきなのでしょうか? でも、今回は兵庫県や京都府は日常に戻るというのに、大阪だけが愉しい夏から置い…

先は見えているのか?

オリンピック開始が近づいてきている。 もっともっと盛り上がっていくはずだったのかも知れませんが、躊躇いが感じられるのは東京の感染拡大のせいかも。 医療逼迫で犠牲が出てしまった大阪の記憶のせいか、今の東京の下げ止まりを見ていると心配になってし…

覆われたモノへの関心

コロナ禍で加速された習慣、それはマスク着用。 マスク、英語ではmaskは動詞としては覆うという行為を意味している。 あまりにも覆われたものが溢れたせいかどうか、ついつい周りにある色々な覆われたモノの奥に興味が湧いてしまいます。 きっと、覆いを取り…